接骨院とは?

 接骨院(整骨院)は柔道整復師という国家資格を取得した人が経営しており、
 保険医療機関と同じように保険証でかかることができます。
 (※整体院は民間資格である整体師という資格を持った人が経営している施設で、保険は利きません。)

 接骨院(せっこついん)は、急性、または亜急性の

 1.骨折(こっせつ):骨が折れた場合。ヒビが入った場合も含みます。
 2.脱臼(だっきゅう):関節がはずれた場合。
 3.打撲(だぼく):打ち身。
 4.捻挫(ねんざ):関節部分でスジ違いを起こした場合。
 5.挫傷(ざしょう):筋肉がスジ違いを起こした場合、肉離れを起こした場合。

 などの損傷に対し、柔道整復師による柔道整復術を受けることができる施設です。
(骨折・脱臼に対し整復術を行なえるのは医師と柔道整復師のみと法律で定められています。)

〖具体的にどんなとき??〗
・重たい荷物を持った際、腰が痛くなった
・階段で膝がガクッとなり、膝が痛くなった
・過度なパソコン作業で肩が痛い、首が痛い
・足首をひねってしまい、痛い
・転倒し打撲した
・スポーツでのケガ

その他、こんなケースでも診てもらえる?など
お困りの際はお気軽にご相談ください。